まほまほ ざ わーるど★

まほまほまほまほまほ★

◆ FC「天地を喰らうII」 幽州の北斗七星、蜂蜜を討つ!

天地を喰らうII ~諸葛孔明伝~

f:id:mahomahowonder:20210612124344p:plain

1989年5月19日に発売された「天地を喰らう」の続編です

このゲームは本宮ひろ志原作の三國志を題材にした「天地を喰らう」のゲーム化ですが、原作のストーリーは概ね踏襲しているものの原作にあったファンタジー要素(天界・魔界)は省かれており、更に曹操との抗争、「三國志」の最大の見せ場である「赤壁」などは省かれたストーリーになっていました

前作は黄巾党、董卓などの勢力と闘いつつ、劉璋を下して入蜀し、司馬懿とのラストバトルまでが大凡の流れでしたが、「天地を喰らうII」では劉備最大のライバルである曹操との対決を主眼にしたゲームとなっています

 

前作からシステムが大幅に変更されています

 

兵士(体力)を維持する「兵糧」システムの廃止

「兵糧」がなくなると歩くごとに兵士が脱走する為、「兵糧」を確保しないと兵士(体力)がどんどん減っていきますから、街で「兵糧」を補充したり、ボスを倒して「兵糧」を確保する必要がありました

そして、レベルを上げすぎて兵士(体力)を増やしすぎると兵糧の消費量も上昇してしまうので、食うために戦う「ザナドゥ」のようなゲームになるので、兵士(体力)と「兵糧」バランスがちょっと煩わしかったのですが、今作はその心配がありません

 

武将コレクションの廃止&仲間武将

前作では敵武将を仲間にする事が可能でしたので、様々な武将をコレクションする楽しみがありましたが、今作では仲間になる武将が固定されています

また、前作ではレベルアップする武将が決まっていましたが、今作では全員のレベルが上昇しますので鍛えれば鍛えるほど強くなる普通のドラクエタイプのRPGになりました

 

陣形

戦闘中に能力値が補正される「陣形」システムが採用されました

「鶴翼の陣」を選択すると攻撃力が上昇するけど防御が下がるとか、公孫瓚の華麗な負けっぷりしか印象にない「白馬の陣」を選択すると、全武将の素早さが上昇するといった様々な陣形が全部で10種類も用意されています

ただし、「陣形」を使用する条件がややこしくて、まず軍師を指名して戦闘不能状態ではない武将が5人以上いないと陣形を使用することが不可能になっています

天地を喰らう」は最大で7人パーティー(フィールドで表示されるのは3人)が組めますが、戦闘時に5人の武将が表示されていて、かつ軍師は後方に下がっている状態でないと「陣形」が使えないという事になります

「陣形」を組んでいない状態は「散開」という状態になりますが、戦闘中に2人(八卦の陣は1人)の武将が倒されると、戦闘終了後に陣形は「散開」に強制的に戻ります

 

他にも変更点があるのですが、一番嬉しいのが敵武将にSP値が設定された事です

SPというのはファンタジーRPGでいうマジックポイント(MP)と同じモノなのですが、プレイヤーが策略を使うとSPはどんどん減り枯渇しますが、敵武将にはSP値が設定されていなかったので、「DQII」のシドーがベホマ連発するのと同じ状況が生まれるため、前作では戦闘がなかなか終わらないという事がありましたが、今作ではそれが解消されています

また、前作ではフィールドの移動速度はかなり速めに設定されていましたが、今作では「赤兎馬」を使用した場合のみ移動速度が上昇しますし、ドロップ限定武具が追加されましたので、武将コレクションは楽しめませんが、武具コレクションは楽しめます

 

これからブログで「天地を喰らうII」のゲームプレイ情報を記載していきます

 

◆ スタート

前作にも登場した徐州城でなぜか献帝から、偽帝ハチミツを討てと命じられます

 

袁術を「蜂蜜」と呼ぶのは三國志ファンなら説明するまでもないのですが、わからない方に簡単に説明しますと、孫策から貰った伝国璽を手に入れた事により、皇帝を自称した袁術ですが、当然誰からも認められる訳でもありませんので、次第に衰退していきます

最後は兄の袁紹を頼って本拠の寿春から河北(冀州)へ向かう途中で、劉備軍に襲われるのですが、合戦で大敗し逃げ惑う中、あるボロ家で「喉乾いたな。蜂蜜水ある?」と部下にいうと「血と水があるだけで、蜂蜜なんかないよ」と言われ、自分は皇帝(自称)にまでなったのに落ちぶれたと、ベッドに横たわったところ一斗(約2㍑)の血を吐いて死んだ故事から「袁術=ハチミツ」となりました

 

話を戻しますと要は袁術を討つのがファースト・ミッションです

f:id:mahomahowonder:20210612140022j:plain

献帝の隣にいるのが曹操です

話しかけると「1人ではお使いにも行けないのか!」と罵られますが、朱霊、露昭(路招)を仲間にする事が可能となります

ただし、レベルが上がらないレンタル武将なのでいなくても全然構いません

 

f:id:mahomahowonder:20210612140350j:plain

1人で袁術討伐に行こうとすると髭が「仲間にして」とやってきます

拒否したらどうなるのかな?

 

f:id:mahomahowonder:20210612140451j:plain

外に出ると張飛も仲間になります

 

f:id:mahomahowonder:20210612140621j:plain

ここで罠があります

仲間が増えた♪と勇んで外に出てバトルになると多分負けます

理由は武具は持っていますが、誰一人装備していません

みなさんは素っ裸という事なので、まずは装備してください

私はいきなり死にました(笑)

 

f:id:mahomahowonder:20210612141142j:plain

外に出て少しレベルを上げたら、北東の洞窟へ向かってください

上に家がありますが、いまは空き家です

後で訪れる事になります

 

f:id:mahomahowonder:20210612141244j:plain

宝箱がたくさんありますので回収してください

 

入手品

金115
金119
かわのたて
かわのぼうし
かわのよろい
どうのつるぎ
ちず
しょうこんたん(しょこたんじゃないよ)

 

f:id:mahomahowonder:20210612141344j:plain

フィールドに突っ立ってるのが袁術配下の将軍である紀霊です

演義では一騎打ちで髭と30合近く撃ち合った剛勇(文醜顔良なんか一撃死)を見せてますが、史実では劉備を討ちに行ったのに呂布に仲裁され、宴会を楽しんだ翌日に帰宅した凡蔵です

 

f:id:mahomahowonder:20210612142106j:plain

紀霊 武155 知70 早100 剣 平地

梁剛 武85 知45 早45 剣

梁紀 武105 知90 早65 剣

 

総攻撃で倒せます

 

私、とても強くなっていますが、「石橋は粉砕するまで叩いてから渡る」をポリシーにしているので、レベルをメッチャ上げるんです(笑)

 

f:id:mahomahowonder:20210612142241j:plain

洞窟の前を守るのが袁胤です

正史では袁術の従弟、演義では甥として登場します

袁術の命で丹陽太守になるも孫策配下の武将に追い出され、叔父のハチミツは皇帝を僭称したせいで悲惨な死を迎え、ハチミツ亡き後は廬江太守の元に身を寄せたら、また孫策に追い出されるなど悲惨な人生ですが、いつの間にかフェードアウトしている人です

正史では曹操に捕まって伝国璽を奪われ、更に処刑されてます

一族の生き残りが孫権後宮に入った事により、孫呉の郎中(将来の官僚候補)に任ぜられているので出世はしています

 

f:id:mahomahowonder:20210612143909j:plain

袁胤 武60 知165 早60 剣

李豊 武140 知65 早75 剣 平地

陳蘭 武160 知60 早55 剣

 

北の洞窟に入るとアイテムがありますので回収します

そして、最深部の出口の前に偽帝袁術がいます

 

入手品

金78
せきしんたん
かわのぼうし
かわのよろい
せきしんたん

 

f:id:mahomahowonder:20210612143638j:plain

袁術については記載してますので書くことはないです

ただ、孫呉陸遜と同族である陸績が幼い頃、袁術の元に居た事があったそうです

 

f:id:mahomahowonder:20210612144808j:plain

袁術 武190 知135 早115 剣 平地

紀霊 武155 知70 早100 剣 平地

楽就 武150 知115 早70 剣 山

雷薄 武175 知80 早80 剣

張勳 武120 知35 早85 剣

 

袁術軍オールスターが勢揃いですが「総攻撃」で撃破可能です

 

袁術を倒すと第1章は終了なのですが、特に何も演出はありません

続く